使いやすいヘアドライヤーが必要

良いヘアドライヤーを買おう

風量が大きいことにこだわろう

単純に風量が大きくなると、風を髪の毛に当てる時間を短縮できます。
ヘアドライヤーからは基本的に熱風が出て、頭皮や髪の毛に当てすぎるとダメージを与えると忘れないでください。
そこでおすすめの風量は、1.3m3/分だと覚えておきましょう。
これよりも風量が小さいと、髪の毛が乾くまで時間が掛かります。

また髪の毛が長い人は、もっと風量が大きいヘアドライヤーがおすすめです。
そこで1.5m3/分以上あることを目安に、ヘアドライヤーを探しに行きましょう。
風量は、ヘアドライヤーのパッケージに記載されています。
安い価格のヘアドライヤーは風量が小さいことが多いので、安易に選択してはいけません。
安さよりも、風量が大きいことが大事です。

消費電力について調べる

高い温度が出るヘアドライヤーは、短時間で髪の毛を乾かせます。
しかし髪の毛が傷むリスクが高まり、ただ高温が出るだけではいけません。
ベストなのは、温度を調整できるヘアドライヤーです。
そして髪の毛の状態を見て、乾いてきたら温度を下げましょう。
ちなみに一般的なヘアドライヤーの温度は高いと140度、低温だと60度ぐらいです。
最低でも、この温度に調整できるヘアドライヤーを使ってください。

また、消費電力にもこだわりましょう。
消費電力が大きいと、電気代が高くなります。
一般的なヘアドライヤーの消費電力は600Wから1200Wですが、省エネ機能がある製品だと900W以下です。
ちなみにW数が減っても、風量が小さくなることはありません。


TOPへ戻る